FAIL (the browser should render some flash content, not this).

ガラスと防火

火曜日, 4月 20, 2010 @ 05:04 PM
Author: admin

ガラスと防火
 

防火・準防火地域内建築物の防火設備

都市防火の観点から防火・準防火地域では、耐火・準防火建築以外の建築物(戸建て住宅など)にも外壁開口部の延焼の恐れのある部分に
準遮炎性能とは「建築物の周囲で発生する火災」に対して、加熱開始後20分間内側に火災を出さないものとなっています。

■ 延焼の恐れのある部分

「延焼の恐れのある部分」とは、建物の外壁部分で隣棟から延焼を受けたり、及ぼしたりするおそれのある範囲を指し、図1に示すように一階にあっては3m以下、2階以上にあっては5m以下の距離にある建物の部分(着色部)をいいます。

■ 通常のガラスの場合

炎によりガラスが割れ、外部へ被害が広がる恐れが高い。

■ 防火ガラスの場合

ガラスが割れても落ちにくいため、炎の延焼をくいとめます。

■ 耐熱強化ガラスの場合

耐熱強化ガラスは、建築用ガラスとして使用されているフロート板ガラスを加工したワイヤレス防火ガラスです。網のないクリアな視界と自然な色調が得られます。