FAIL (the browser should render some flash content, not this).

真空ガラス

火曜日, 4月 20, 2010 @ 01:04 PM
Author: admin

真空ガラス

真空というテクノロジーが窓ガラスを変えた。

毎日の暮らしを心地よく変えた。-真空ガラス スペーシア

 世界初の真空テクノロジーが窓ガラスを変えました。真空ガラス スペーシア。

それは”真空は熱を伝えない”という科学的原理から生まれた高断熱窓ガラスです。

熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の形態があります。この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性能を生み出し、心地よい暮らしが実現できるのです。スペーシアは2枚のガラスの間に真空層を作る事で、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」はLow-E膜(Low-Eガラス)で抑えています。厚さ6ミリなので取り替えも簡単。新築にもリフォームにもエネルギーを上手に活かし、暮らしの快適性をお届けする高性能窓ガラスです。
スペーシアES
スペーシアESは、スペーシアSTの高断熱性能を向上させ、さらに強い日差しをやわらげる機能をプラスした遮熱高断熱窓ガラス。夏は太陽熱の侵入をおさえ冷房効率を高め、冬はお部屋の暖房熱を外へ逃がしません。夏すずしく、冬はあたたかくすごせます。
 
スペーシアSTはあたたかさを逃さず、お部屋を快適に保つ高断熱窓ガラス。特にそのチカラは冬に発揮されます。太陽のあたたかさを取り入れながら、その優れた断熱性能によって、すばやく暖房でき、あたたかさが長持ちします。また、ガラスの表面温度が下がりにくいので結露を防ぐ効果に優れています。
 
 
防露 遮熱

真空ガラス

スペーシア

真空テクノロジーによって一枚ガラスの約4倍、一般的な複層ガラスの約2倍の高断熱性能を発揮します。厚さがわずか6ミリと薄いため、新築はもとより、リフォームにもお使いいただけます。
スペーシアES
スペーシアST  
 

一枚ガラス

(フロート板ガラス)

雨風をしのぐ事を目的としている一枚ガラス。断熱性能が低い、窓際が寒い、足下がひんやりする、結露が発生するなど、快適な暮らしには不向きです。
 

複層ガラス

空気の層で断熱性を高めた複層ガラス。新築住宅で多く採用され始めています。しかし、厚さが12ミリ以上にもなるため、専用のサッシやアタッチメントが必要になるなど、リフォームでの採用は難しい面があります。